ディーラーが21を超えてバースト

ディーラーが21を超えてバースト

人気No.1でどれよりもプレイヤーがたんまりのがオンラインカジノでもランドカジノでもブラックジャックではないでしょうか?テーブルにまずは、賭け金(チップ)を置きます。賭け金と同額(1倍)をプレイヤーが勝った場合は受け取ります。

プレイヤーはどのような数であろうがディーラーが「21」を超えてバーストすると、勝ちとなります。賭け金がディーラーが勝った場合は没収されます。

ディーラーの値をプレイヤーの値が確定すると決めますが、明確なルールがココにはあります。ソフトハンドとAエースを「11」として計算する時の手をいいます。

そのままの数字ではなく絵札(Kキング・Qクィーン・Jジャック)は「10」として計算をします。21に目前方がプレイヤーとディーラーの数を比較して勝ちです。

同じ「21」でも「ブラックジャック」とA(エース)と「10」もしくは絵札の時はなり切っての強健手となります。「ブラックジャック」でプレイヤーが勝った場合は賭け金の1.5倍を受け取れます。

ぜったい対戦する相手はディーラーです。また、「1」としても「11」としてもAエースはプレイヤーの都合のイイ数として計算できます。

おなじ数だと引き分けデス。「21」を越えてしまうとそのかわり、バーストとなって、プレイヤーの負けがその時点で確定をし賭け金は没収をされます。

複数のプレイヤーが1つのテーブルにいてもディーラーと各々が対戦します。数の数え方は、「2」~「10」までは、そのままその数字を数えます。

合計値が「16」以下の時はディーラーは疑いもなくとっくに一枚ひかなければならないし、その時点で「17」以上の場合は数が確定し、それ以上カードをひく事は出来ません。この合計値が「21」に鼻先方が勝つわけですが、合計がプレイヤーは21次であれば何回でもプレイヤーの裁量でカードをひく事ができます。

ディーラーがするとプレイヤーには2枚のカードを表向きとし、1枚を表向き、一枚を夙にディーラーには裏向きにカードを配ります。プレイヤーが先にバーストしていた場合は、負けがその時点で確定していますので、ディーラーが例えバーストしても引き分けにはなりません。

関連記事

  1. ハウスエッジが低いオンラインカジノ情報ブログ:2017-8-12
  2. ハウスエッジが低いオンラインカジノ情報ブログ:2017-7-23
  3. ハウスエッジが低いオンラインカジノ情報ブログ:2017-7-11
  4. ハウスエッジが低いオンラインカジノ情報ブログ:2017-6-27
  5. ハウスエッジが低いオンラインカジノ情報ブログ:2017-6-11
  6. ハウスエッジが低いオンラインカジノ情報ブログ:2017-6-03
  7. ハウスエッジが低いオンラインカジノ情報ブログ:2017-5-30
  8. ハウスエッジが低いオンラインカジノ情報ブログ:2017-5-20
  9. ハウスエッジが低いオンラインカジノ情報ブログ:2017-5-08
  10. ハウスエッジが低いオンラインカジノ情報ブログ:2017-4-18